【9月23日14:00〜16:10第11回オンライン研究会】 聴覚障害児の切れ目のない支援を目指して 〜聴覚障害教育支援 NPO 法人言葉の森くるめの活動〜

 

 前回の第 10 回オンライン研究会(ろう・難聴教育研究会)で文部科学省と厚生労働省から山田課 長様と矢田貝課長様に聴覚障害教育の支援についてお話をしていただきました。その中で聴覚障害 児の支援は乳児からの適切で切れ目のない多様な支援が必要である。そのために福祉部局と教育部 局が連携し、各自治体を対象に聴覚障害児支援中核機能モデル事業を推進しているということでし た。
 そのモデル事業に他に先駆けていち早く取り組まれたのが、元久留米聴覚特別支援学校校長の山 﨑佳都子氏でした。今回はこの事業に取り組まれた経緯と実際の活動などについてお話をしていた だきます。難聴乳・幼児の教育・療育機関の方々の今後の「道しるべ」となるお話が伺えると思いま す。

・日時:2022年9月23日(秋分の日)14:00~16:10
・場所:オンライン(Zoomウェビナー、13:50〜入室可)

案内(チラシ)こちらから

申込(URL)こちらから

<問合せ先(事務局)> info@edh.main.jp